営業 -- 業界初「入試に強い八王子・山下行政書士事務所」の至誠通天日誌
FC2ブログ
2018 / 10
≪ 2018 / 09 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2018 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷暑とともに売上が伸び悩んでいます。問い合わせも絶えております。同業の方がブログ等で「今日も○○の依頼がありました」なんて書いているのを見て、うらやましいのと思うようにいかない自分への怒りがふつふつとわいてくる時があります。ですから、ふだん強気な私にしては珍しく、ナニをやっても上手くいきそうもない気がして少々鬱気味になっています。

こういうときは絶対自分を責めてはならないのですが、(それは他者への嫉妬の裏がえしだと思います)これがなかなか難しい。

前職でも営業をやっているときこんな風になることがあったのですが、そういう時はモチベーションが下がっている時なので、思考をを営業からはなすか、とにかく体を動かすことに集中するのが一番いい対処法だと経験的にわかっています。

明日から3連休にはいるのですが、この間少しアタマを空っぽにして連休明けから遺言・相続無料相談会のポスティングを再開し、葬儀社とのタイアップ交渉も進めます。とにかく動くことです。

山下行政書士事務所主催の遺言・相続無料相談会ご案内


Toshihiro Yamashita | バナーを作成


FC2 Blog Ranking

ポチっと応援宜しくお願いします☟
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

a0001_010871.jpg

ランニングコストの削減というと、どの会社でもやっていることでしょうし、自宅で開業している私自身もそうなのですが、個人事務所が多い同業者の方もそれに四苦八苦しているのではないでしょうか。

しかし、コストを削減と言うとみみっちいことにまで手を伸ばしてくることが多く(前の職場でもそうでしたが)そりゃ年間とか10年とかいうサイトで見たら莫大な額にはなりますけど(主張する方は自分に都合のいい数字を出してくるというのが常道です)常識的にみてどうよっていうのもありますよね。

これも前の職場である腰ぎんちゃく的管理職の預かっている支店(=校舎)ですけど、夕方4時まで事務所内の電気を全て消していました。用があって訪ねた私は、誰も出勤していないのかと思ったほどです。たしかにその時間帯には来客は多くありませんが、閉店しているイメージを通行人に植えつけることが果たして妥当なことなのかと思ったのです。彼は、これで月の電気代が800円ほど浮くんですよって嬉しそうに言っていましたが、一人生徒が入ってくれば、年間節約分のおつりがでる売上が上がるのです。

そこではチョーク1本出すのにも申請書を出させたらしいのですが、飲食店でしょうゆやソースの入れ物に少ししか
入れないで出しているのと同じで、自分の首を絞めているのと同じになります。このあたりのさじ加減の上手・下手はかなりはっきり表れますね。

こんなこと話せばみなさん笑いますが、結構自身がおこなっている節約が、顧客からみたらドン引きということもありますから客商売の場合には気をつけたいものです。

最近私がひいた経費削減はメモ用紙をお願いしたら、ミスコピーを裁断したモノを渡されたことですね。


山下行政書士事務所主催の遺言・相続無料相談会詳細


Toshihiro Yamashita | バナーを作成


FC2 Blog Ranking

ポチっと応援宜しくお願いします☟
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

a0780_000001.jpg

事務所を継続的に維持するためには、定期的な収入が必要なわけでして、それには市民法務ではどうしても単発になってしまうから、法人向けの業務に力を入れなければならない。そのことは開業当時からわかっていたのですが、会社設立以外にあまりできる業務もないということで、後回しにしてきてしまった経緯があります。

さまざまな経験・研修などを積むことで、現在は一部の自動車関係以外はだいたいの許認可をこなせるようにはなったのですが、営業をかけているところがあまりにも少ないのです。強いていえば、特例民法法人の移行手続きに関してのはがきDMを100通程度だしただけでしょうか。(もっともまだ2年以上もあるので、ノー天気に過ごしていると思うのですが、小さいところでもほぼ一年がかりの作業ですから、強制解散させられるリスクを考えたら1年前には済ましておくのが常道かと思うのですが…。)

そんなわけで、売上をみると後回しにしていたツケが回ってきている気がします。今は攻め口を考えています。目標は決まったかって?それは心中期するところはありますよ。



Toshihiro Yamashita | バナーを作成


FC2 Blog Ranking

ポチっと応援宜しくお願いします☟
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


a0006_002409.jpg


こういうふうにあちこちブログだのHPを出していますと、個々のアクセス数がそう多くなくても妙な問合せが舞い込んできます。同業の方のブログなどをみても、そんな妙な問合せを受けている方はいないみたいなので、私のところだけ来るのでしょうかね。

外国人から英文で多額の遺産を相続したが、親戚が狙っているのであなたの口座を一時貸してくれないか、なんていうのがありました。しかもフィリピン在住と言いながらヤフージャパンのメールアドレス使っているし…。あからさまなマネーロンダリングのお誘いか詐欺なのです。こういうのは基本的に無視するようにしています。

何を聞きたいのかわからないような問い合わせもあります。遺言の問い合わせかと思いきや、途中から妹の話になり、たぶん妹さんに遺産を遺したいのかと思いながら聞いていたところ、どうも生きているように話している妹は、既に亡くなっている様子。時折整理しながらお話していたのですが、時系列がどうもおかしい。????と思っているうちに、いきなり電話を切ってしまう始末。公衆電話なのでこちらからかけるわけにもいかず、そのまま終わってしまいましたが、今思うと、軽度の認知症だったのかもしれません。

ご老人からの話は長くてもじっくリ聞いてあげるというのが私のスタンスですが、今思うと、この件は受任しても有効な遺言を作成できなかったのではないかと思うのです。そう思うと、なんともやりきれない思いがあります。

それに対し、メールではとんでもない量の文章のメールを送ってきた方もいます。対応不能というかほかに相談を回せない事例はこんなもの。

勤めを転々としているが、行く先々で周囲から電波攻撃を受けている。退社する時にいつも女子社員がエレベーターで私を待ち伏せしているので、上司に訴えたらクビにされたとかいうようなことです。そのようなことを長々と綴って、この攻撃を止める策を教えてくれないかというものでした。

通常のお問い合わせは3時間以内に返信というのがポリシーなのですが、これはまる2日悩みました。ただ病院に行けというのは簡単ですが、まともに聞いてくれそうもないし…。私が出した返事は…これは秘密にしておきます。

問い合わせ窓口を広く世間に開いていると、こういう例が今後とも多々出てくるかもしれませんが、人生死ぬまで修行ですから、真摯にむかっていこうと思います。




Facebook
Toshihiro Yamashita | バナーを作成




FC2 Blog Ranking

ポチっと応援宜しくお願いします☟
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


a0001_011471.jpg


最近、風俗営業やペットビジネスに関してのサイトないしブログを新規に立ち上げるために、いろいろな勉強をして、新たなビジネスのネタが無いか捜しています。高齢化社会のなか、若い人の数が相対的に少なくなってしまいますから、新しいビジネスの種はなかなか芽を出さずに、埋もれてしまうのではないかという懸念をもっている方が多いように見うけられます。

実は私もそういうふうに最初は思っていたのですが、ある程度カネのある団塊世代が定年を迎え、まだ仕事をしようとしても、多くの方は役職者で定年を迎えたわけですから、なかなか再就職もミスマッチばかりという話を聞きます。要するに、プライドと仕事が釣り合わないということなのでしょうかね。

この荒唐無稽さは脇に置いておくとして、退職金もそこそこ出るものの豊かな老後というには程遠いから、何かサイドビジネスになるようなもの、おカネが儲かるものはないかと捜したくなるのは、人情でしょうね。

ですから、私は初期投資で300万円以下で、次の条件を満たすビジネスはないかを上記の許認可を学びながら考えています。

①在庫の心配がいらない 
②利益率が高い 
③初期投資が少ない(=リスクが少ない)

さらに、団塊世代を満足させるならば④経営者であることを加えてもいいかと思うのです(要はプライドを満足させることなのですが、モチベーションを上げるには「社長」と呼ばせるのはいいと思うのです…まるで水商売の呼び込みみたいですけどね)

もっとも、風俗営業の場合には、本人が賤業だと思っていると上手くいきませんし、経営を人に知られたくないという気持ちもありますし、動物関係に関しては、もともと動物嫌いだったりすると向きません。でも、解決する方法もいくつか見つけ出し、これ以外に許認可が必要な「熟年起業」のネタを探して売り込むというのもひとつ考えられる方法かとも思います。

まだ粗削りなところが数多くありますが、高齢化社会だからといってビジネスのネタが無くなるわけではないと思いながら営業していきたいですね。



Facebook
Toshihiro Yamashita | バナーを作成




FC2 Blog Ranking

ポチっと応援宜しくお願いします☟
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


クラシックダンサー

Author:クラシックダンサー
「織物の街」八王子で山下行政書士事務所を経営しております。事務所のホームページは下のリンクからお入りください。遺言・相続・離婚といった市民法務を中心に、国際関連業務・ペット問題・知的財産・各種許認可といった業務をおこなっております。

前職が塾・予備校の教師という毛色の変わった経歴を持っており、この縁でどこのヒモもついていない受験コンサルタントもしております。

このブログは公式ブログとして業務並びにビジネスに関することを中心に書いていきます。少しでもお役にたてれば幸いです。なお、直接当方に連絡を取りたい場合には右の欄のメールフォームをご使用ください。

行政書士のバッチはコスモスの花をあしらい、その花は「誠実・真心」をあらわすと言われています。そうした理想を忘れずに、永く住んでいる八王子の皆様の役に立てるようになりたいと考えております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。